DTMerが欲しがる音源「オケヒット」No1音源は意外にもこれだった




おはようございます。UGです。
DTMerが好きな音源といえばオーケストラヒット!!

オーケストラヒットとはオーケストラが「せーの」で同時に鳴らした一発音のことで、これをブラスだけで鳴らしたり、
シンセ音を足してバリエーションが作られていますが、
総じてオーケストラヒット略してオケヒットと言われます。

ここぞというところで使用することで強烈な印象を残してくれる音色ですが、音色カテゴライズでは楽器というより効果音の類です。90年代にさんざん使われまくり若干廃れた感もありますがまだまだ使われております。インパクト音源としてオケヒの変わりになる音色が生み出されていないのにはある意味驚きます。サンプリング技術が生み出した究極の音源とも言えます。

そんなオケヒですが世界で一番最初に使われたのが、
ヒップホップの神様 
アフリカバンバータの「プラネットロック」1982年
1:10秒あたりにさり気なくなっています。
今みたいな使い方ではなく、試しに使ってみた!って感じですね。


大体どのハード音源にも基本的に1つか2つは入っていて、
ソフト音源でも入っているのもありますが、なぜかあまり数は多くありません。

そんなオケヒットを大量に搭載した音源があるのを
ご存知ですか?

その音源とはなんと!!



究極のハードカラオケorDTM音源Roland SC8850

知っている人は知っているけど、最近ソフトシンセしかしらないDTMerの中には知らない人も多い機種

「カラオケ音源?」

しかし、カラオケ音源だとあなどることなかれ

オケヒット搭載数はなんと24!!
(SCシリーズすべてのオケヒットを搭載した数)
Rolandの最新音源Integraでさえオケヒットはこれほど入っていません。

windowsユーザーなら無料で使えるオケヒット専用プラグインOrch Hit Vsti Freeがあります。


こちら搭載数は70と数だけでいえば8850よりはるかに上ですが正直音色クオリティは8850には及びませんし、
DTMerを納得させられるレベルではありません。
まぁフリークオリティと製品クオリティを比べるのは
ナンセンスといえばナンセンスですがw



最近iOSに移植されたiOS SOUNDCANVASは8850の下位バージョンですが、音色マップは8820mapなのでオケヒ搭載数は8850と同じく24です。値段が2400円なので、ちょっと面倒くさいですがサンプリングCDを買うつもりのような気持ちで、オケヒットだけサンプリングするためだけにSOUNDCANVASを購入するのも有りかもしれません。


おっさんDTMerはみなさんのクリエイティブを
応援しています。


 

5 件のコメント :

  1. 倍音の塊でもあるオケヒに関しては
    量子化ビット数よりもサンプリングレートの方が重要なのに
    波形及び内部処理が32kHzのSC-8850を持て囃すっていうのは
    もはや高域が聞き取れない老害ですって自己紹介してるようなものですね。

    返信削除
  2. なるほど、勉強になりました。ありがとうございます。

    返信削除
  3. ちょっとだけオケヒ欲しいかなって感じでXpand!2はテストしています
    なんといっても1$が魅力で(笑)

    返信削除
  4. オケヒに限らずですがXpand2は便利ですよね。1$効果でDTMer界隈に広がりまくりましたね

    返信削除
  5. オーケストラヒットが流行した頃は丁度、
    フェアライトやEmulatorの頃がの全盛期なんですが?
    >>1匿名さんはその頃に96Khzサンプリングとか出来たと思うんですか?
    結論を言いますと、32kHzが主流でした。
    せいぜい一億円もしたと言われる、シンセクラビアが
    44.1Khzを超えるハイレゾレベルのサンプリングが出来たようです。
    シンフォニー系楽団のオーケストラヒットを再現するならまだしも
    ポピュラーミュージック上で必要なのはサンプラーを通したような荒いオケヒです。

    知ったかして口だけ大きい>>1匿名さんは一生コメントを投稿しない方がいいと皆が思っています。

    返信削除

オススメ