初めての電源ケーブル交換にオススメなのはこれだ!!

こんばんはUGです。

みなさんはパソコンやオーディオインターフェイスの電源ケーブルはどうしていますか?
純正を使っていますか?それとも買い替えたりしていますか?

「電源ケーブル?それって美味しいの?」
「興味はあるけどどれがいいの?」

まず電源ケーブルの話ですが、味はめちゃ美味しいですw
個人的には生で食べるより焼いて食べるのが好きです。
こんな感じで

ダメです。公害ですw


冗談はさておき、
「興味はあるけど正直どれがいいの?」
という方にオススメしたいのが、電源ケーブルのど定番!!

とその前に…
私が電源ケーブルを購入した経緯を軽くお話させていただきます。

正直に言いますと、私の耳では所有している電源ケーブルの音の善し悪しはわかりません。世の中には「音がよくなった」「高温域に伸びがある」「低音がふくよかだ!」
といえる耳をお持ちの方がたくさんいますが、私はまったくもっていません!!!
勝手な想像ですが、電源ケーブルの音の良し悪しをわかるひとは「mp3の320kbpsと256kbpsの音質の違いがすぐに分かるひと」という認識を持っています。
(↑間違っている可能性大!)

ではなぜそんな耳を持っていない私が電源ケーブルを買い替えたかというとまずは

「音がよくなるらしい」という甘美な誘いに乗ってしまったからということ。
あれです。この石を持っていると願いこと叶います。的な感じw

買い替えて「よくなった気がする」というプラシーボ効果は体験しましたが、
それだけです。私にとって音が良くなったと認識できる感覚とは
イコライザーで8khを2〜3dbほど上げた感じの印象をもっていたからです。
ゲーブルを変えるだけでそこまで変化したら問題な気もしますw

次の理由は

「ノイズ対策」

私はmotuの896HDというオーディオインターフェイスを使っていますが、電源ケーブルを変えるまではプチプチノイズがやたら聞こえていました。極性をあわせたり、ケーブルが絡まないようにしたりしてもノイズを消すことができずにいました。
調べてみると電源ケーブルを変えるとノイズ対策に有効ということを知り、そこで
電源ケーブル初購入となったのが、
oyaide L/i50EXS
という電源ケーブルをヤフオクで購入しました。
結果は見事にノイズがなくなり変な表現ですが、無音が聞こえるようになりました。そして気のせいか音がよくなったような…(←気のせいですw)そこで思ったわけです。

ひょっとしてもっといいやつを買えば音がよくなったのがわかるのでは…
と調子に乗ってマニアック?電源ケーブルを購入それが、
Virtual dynamic Powercable 


 結果は
このケーブルめちゃめちゃ太くて硬い♡!!
取り回しがめちゃくちゃ不便。ということ。
というのが第一印象ですが、音質よりノイズがさらに減ったという印象を受けました。
しかし、固くて太いケーブルのせいで、パソコンやオーディオインターフェイスの裏側にで変な方向に曲がり、メス側の圧縮チューブがちぎれてしまい、中の動線が見えてしまうというヘタすれば断線という状態になりかけました。
調べてわかったのは、硬いケーブルはとにかく取り回しのスペースを確保することが
大切ということ。

そしてもう一本は以前96HDから乗り換えを検討しpoggeのensembleを購入したときについてきた
oyaide TUNAMI GPX-R

Virtual dynamic PowercableよりS/Nが上がったような印象。
おまけにこちらの方が高音域がスムーズに聞こえるとか言ってみたい!!けど差はわからない。

というわけで私の使用方法は
Mac Proの電源ケーブルはoyaide L/i50EXS
896HDはTUNAMI GPX-R
という使い方をしています。
Virtual dynamic Powercableは現在修復予定中です。

音がよくなる。というだけで電源ケーブルを買い換えるのを否定はしませんが、
よほど耳に自信がある人でないと実感は薄いかもしれません。

というわけでまずはoyaideの入門ケーブル

L/i50 OFC R2.5ぐらいから初めてみるといいのではないでしょうか?


ここで音質の差がはっきりわかるなら次のステップに行けると思います


0 件のコメント :

コメントを投稿

オススメ